やま風に吹かれて・・・
きまぐれ山旅日記です。
プロフィール

はち

Author:はち
自然が大好きで、鈴鹿、滋賀の山を歩いています。年2回くらいは、アルプスという名前のつく山へ行きたいな・・・・

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ランキング参加中

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アオヅルで篭を編みました!

三重県環境学習センターの講座で「アオヅルを使った篭づくり」に参加しました。  場所は伊賀市にある三重県上野森林公園、家から1時間半ちょっと遠いけれどアオヅルって初めて聞く名前、どんなとツルなんだろう?興味深々

これがアオヅル、林の中に絡み付いている。

SBCA1064

実は黒くて、7mmくらいの大きさSBCA1063

SBCA1067

ツルは柔らかくて弾力がある、まず底になる部分から編む、50センチくらいの7本の太いツルを用意し、3本ずつ十文字に合わせて×にツルを巻いて固定し、内外と編んでいき、3回転したら1本太いツルをたし、ぐるぐるあんでいく。

DSC00646-1

SBCA1066

SBCA1072

完成した篭にアオズルの葉と実をつけてみました。初めて編んだ篭に満足(^^)

森林公園は広い広い敷地で、紅葉がとてもきれい、散歩道が整備されていて、近くにあったら毎日散歩したくなるところいろいろなイベントも開催されている。

教えていただいた先生、センターの方々お世話になりました。

ありがとうございました。


針の木岳 8月12~14日(蓮華岳~針の木岳~スバリ岳~赤沢岳~鳴沢岳~岩小屋沢岳)三日目

最後の日は新越山荘から種池山荘を経由し、柏原新道を下ります。

朝5時前、新越山荘から見える剱岳

DSC00356

5時40分そろそろ出発

DSC00352  

 

DSC00361

DSC00366

歩いてきた尾根道

DSC00377

ずっと登山道から見えている剱、立山連峰

DSC00384

DSC00385

 DSC00390

DSC00396

7時、岩小屋沢岳到着

DSC00397 

DSC00401

DSC00402

トリカブト

DSC00404

キヌガサソウ

DSC00406

ニッコウキスゲ

DSC00407

ハクサンフウロ

DSC00410

種池  小屋はもうすぐそこ!!

DSC00411

DSC00412

DSC00413

種池山荘到着 9時ちょうど

DSC00414

小屋の前、う~ん!いい天気(^^)  歩いてきた稜線が一望

DSC00415

爺ヶ岳のとんがり

DSC00417

12時半扇沢に到着

DSC00422

針の木雪渓から針の木小屋、新越山荘、種池山荘このコースはお盆休みの混雑もなく静かな山旅が楽しめ、立山連峰を眺めながらの爽快な稜線歩きにも満足!(^^)!


針の木岳 8月12~14日 (蓮華岳~針の木岳~スバリ岳~赤沢岳~鳴沢岳)二日目

針の木小屋を出発して、蓮華岳に登って針の木峠まで戻り、小屋の手前を針の木岳に向かう。スバリ岳~赤沢岳~鳴沢岳~新越山荘(泊)

左が針の木岳、この尾根を行くんだぁ~、アップダウンの繰り返し、後ろの尾根は立山連峰、蓮華岳からの眺め

DSC00266

蓮華岳に7時20分到着! ここからも船窪方面に行けるんだ、船窪小屋はランプの宿、泊まってみたいなぁ~

DSC00250

イワギキョウ

DSC00259

コマクサ

DSC00261

蓮華岳から下る途中、針の木小屋、後ろは針の木岳

DSC00273

針の木峠に戻ってきた。ただいま8時40分

峠から船窪岳、烏帽子岳野口五郎岳、鷲羽岳と裏銀座縦走コースが続いている。次回はそちらへ行ったみたい!

DSC00275

リンドウ

DSC00285

チングルマの綿毛、この写真何となくいい感じに撮れたと思う(^^)

DSC00281

ヨツバシオガマ

DSC00286

DSC00302

針の木岳 10時 到着  黒部湖が見える

DSC00305

剱岳、立山が見えるはずなんですが、ガスってます。 アルペンルートの大観峰ロープウェイも見えます。

DSC00309

11時 スバリ岳到着、立山のガスとれないなぁ~

DSC00317

赤沢岳の登り、左の低くなったところ、猫の耳、背中に見える

DSC00320-1

DSC00325-1

DSC00330

赤沢岳 1時40分 到着

DSC00331

赤沢岳と鳴沢岳の中間地点の地面の下をアルペンルートのトロリーバスが走っている。この下あたりかな・・・

DSC00336-1

DSC00335

鳴沢岳 15時到着  

DSC00340 

トウヤクリンドウ

DSC00343

DSC00344

クルマユリ

DSC00346

新越山荘 15時55分到着! よ~く歩いたなぁ~、小屋の混雑もなくてゆっくりできた(^_^)

DSC00348

小屋から剱岳 、雲があるのもいいものだな・・・

DSC00350

 DSC00349

小屋からの眺めは最高!!

さて最後の14日は岩小屋沢岳を越えて種池山荘へ向かいます。


テーマ:登山・ハイキング - ジャンル:旅行

針の木岳 8月12~14日(蓮華岳~針の木岳~スバリ岳~赤沢岳~鳴沢岳) 一日目

名古屋発7時の特急しなので松本へ、大糸線に乗り換え信濃大町に10時過ぎ到着、車で扇沢へ向かう、立山黒部アルペンルートの玄関口の扇沢はお盆前もあり車であふれている、運よく駐車場へ止めることができた。

扇沢ターミナルの駐車場の一番奥に登山口がある。11時出発

DSC00214

シモツケソウ、あざやかだったのでパチリ!

DSC00218

篭川の流れをを見ながら樹林帯に入り沢音も爽やかな鳴沢や赤沢を渡って緩い登りを詰めると大沢小屋に到着、12時半ここでお昼、おいしい湧水を水筒に詰める。

DSC00219

大沢小屋を出て樹林を抜けると視界が開け雪渓に13時半に到着、日本アルプス三大雪渓のひとつの針の木雪渓、雪がすくないなぁ・・・、アイゼンはお守りとして持ってきたけれど出番はなさそう・・・

DSC00221

DSC00224

振り向くと爺ヶ岳

DSC00233

ダイモンジソウ

DSC00235

チングルマ

DSC00236

雪渓を上り詰めると明日歩く尾根道

DSC00240

DSC00237

ガレ場をジグザグに登って行くと針の木峠にでる。

DSC00241

針の木小屋の玄関、16時30分到着

DSC00245

小屋からの眺め

DSC00246

DSC00247

扇沢からゆっくり歩いて5時間半、お花畑も楽しめて、登山客も少ないのでゆったり雪渓歩きが出来て良かった!!

2日目につづく


蓼科山、坪庭歩きました。 二日目

二日目は、ピラタス蓼科ロープウェーに乗って坪庭へ、この日もすっきりしないお天気、ごつごつとした溶岩台地の遊歩道を歩く。

DSC00193

DSC00197

この花はなんだっけ??

DSC00199

DSC00194

DSC00203

縞枯山荘へ続く木道

DSC00206

DSC00210

山荘のストーブを囲んで暖かいコーヒーを飲んでホッ、外は雨・・・

DSC00209

山荘の前に咲いていたオトギリソウ

DSC00212

この二日間、お天気はいまひとつだったけど、蓼科山からの眺めが良かったので満足、プチホテル花南もいい感じで満足!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。