やま風に吹かれて・・・
きまぐれ山旅日記です。
プロフィール

Author:はち
自然が大好きで、鈴鹿、滋賀の山を歩いています。年2回くらいは、アルプスという名前のつく山へ行きたいな・・・・

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ランキング参加中

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高畑山 2013.1.19

高畑山(773m)は亀山方面から鈴鹿峠に向かって左側の山です。前回同様、常夜灯の駐車場からスタート 9:15

雪が降ったばかりで、駐車場は10センチの積雪、もう一組のいなべ市藤原町『結構ご近所じゃん(゜゜)』からいらした方が先に出発して行かれた。

昔、山賊が見張っていたと伝えられている鏡岩からの国道1号線方面、確かによく見えるなぁ・・・、1号線からは鏡岩の存在はわかりにくい、昔は山賊がピカピカに磨いて、そこに旅人が映るのを待ち構えて襲っていたとか・・・、おっとろし~

DSC00003 

雪は15センチくらい、筆捨山が見える、急登で息があがる

  attachment00

 

DSC00004

   細い尾根道の難所、ナイフエッジと言われている場所、鎌尾根にもこんなところあるな・・・、新雪なので滑らない、見かけよりは簡単(^^)に通過attachment02 

雪がだんだん深くなってきて膝を超え足の付け根あたりのところもある、先行者がラッセルしていただいているのでめっちゃありがたい!自分たちだけならとっくに撤退していただろうな

11時半、高畑山、頂上到着!(^^)!  山頂は50センチくらいの積雪、寒風が吹きむっちゃ寒い、窪んだところでアツアツのうどん鍋をつついて温まる。ほっ!

  attachment01

頂上から手前が溝干山、その向こうが那須ケ原山、遠くに油日岳?かな・・・

attachment04

遠くに筆捨山、手前は超えてきた山、アップダウンありです。attachment02

attachment00

12時15分山頂を後にする、下りはしりもちをつきながらも早く歩くことが出来1時間で登山口へ、雪山満喫(^o^) そういえば、今年はまだ藤原岳に登っていないな、次回は雪の藤原へ行ってみるかな・・・


スポンサーサイト

テーマ:登山・ハイキング - ジャンル:旅行

鈴鹿南部縦走 安楽越~四方草山~三子山~鈴鹿峠 2013.1.13

亀山付近の国道1号線を走っているとお椀を三つ並べて伏せたような三子山がよく見える、鈴鹿峠にあるこの山、昔の人はこの山 を目印に東海道を歩いたらしい。この三子山とその北側にある四方草山(しおそやま)を歩いて見ました。

 まず下山口になる鈴鹿峠のトンネル滋賀県側に抜けてすぐ左手にある万人講常夜灯の公園に車を置いて、もう一台の車で山女原の集落を越え登山口の安楽越へ、登山地図では点線、安楽越から霧ヶ岳まで2時間とある。

ここが登山口、安楽越、8時30分スタート

DSC02203

登山口からすぐ急登が続き、やせた尾根を歩くと第2名神が見えた。なかなかいい眺めだ(^^)

DSC02206

10時半、霧ヶ岳到着!地図の時間どおり、途中崩れそうな崖をよじ登るところや切れ落ちた尾根歩きなどひや汗ものの登山道だ。霧ヶ岳は樹木に囲まれ展望はない。

DSC02208

11時 四方草山北峰到着!

DSC02209

四方草山から滋賀県方面

DSC02210

四方草山南峰から筆捨山

DSC02211

反対側の滋賀県方面

DSC02212

高畑山

DSC02213

これから向かう三子山1峰

ここからがかなり難所続き、狭くて危険な尾根道、キレットを通過、落ちたら止まらへんなぁの箇所をいくつもこえてやっと三子山の登りへ

DSC02217

三子山の登り、このコースはアップダウンの繰り返しが結構キツイ(-"-)

DSC02218

12時20分 三子山北峰到着! 四方草山を見る、左の遠くに仙ヶ岳

DSC02219

DSC02220

DSC02221

三つ目の頂上、三子山の頂上は樹木に囲まれ展望はきかない。

DSC02222

三子山を下ってくると東海自然歩道に合流、整備された道になる。

DSC02224

13時半鈴鹿峠到着!お昼をゆっくりとったこともあり、5時間かかってしまった。

 このコースは一度は通ってみたいと思っていたけれど、もう一度来る?と言われたらう~ん(-"-)、アップダウンの多さと危険なやせ尾根だから、次はこの反対側の鈴鹿峠から高畑山、那須ヶ原山を歩いてみたいな。


テーマ:登山・ハイキング - ジャンル:旅行

2013.1.2 山岳寺~馬の背尾根~鎌ヶ岳~長石尾根

湯の山温泉街のホテル・ド・マロニエの裏を通って山岳寺へ、ここの遊歩道から馬の背尾根登山道に入ります。山岳寺 8:00スタート

遊歩道の展望台から御在所岳

DSC02175

結構な急登が続きます。

DSC02176

8:50 湯の峰 ここまでは、ずっと御在所岳を右に眺めながら登ります。DSC02177

鎌ヶ岳が見えてきました。 白ハゲのところに向かいます。

DSC02180

白ハゲ到着 9:50 向こうは雲母峰

DSC02183

入道ヶ岳が見える。

DSC02187 

10:05 宮妻峡のカズラ谷からの登山道に合流

DSC02188

10:50 鎌ヶ岳到着 鎌尾根

DSC02193

DSC02192

頂上でお昼、三ツ口谷から登ってきた方はアイゼンを着けている、雪と氷でつるつる、でも氷結がきれいだったとか・・・

11:40 向こうは雲母峰、右が登ってきた馬の背尾根

DSC02195

12:20 三ツ口谷分岐までの急な下りは、アイゼン着けるか迷いつつ何とか着けずに下ったホッ^_^; 

ここから長石尾根に入る。 DSC02197

12:50 弥一ヶ岳、こういう名前がついていたんだ(@_@)

DSC02198 

振り返ると鎌ヶ岳

DSC02199

13:20赤い屋根の近鉄山の家が見えた。

DSC02201 

長石尾根登山口から、大石公園の赤い橋に出て旅館内蔵助の前をとおり山岳寺へ到着 14:00

途中、雪になりそうな雲いきだったけれど何とか降られず、山岳寺についたとたん雨にラッキー登山だった。


テーマ:登山・ハイキング - ジャンル:旅行

2013.1.1 菰野富士から初日の出

 あけましておめでとうございます。

 今年もよろしくお願いいたします。

DSC02169

今年の菰野富士は大勢の人でした、雪がなく風もなく穏やかな初日の出でした。

振り返ると、御在所と鎌ヶ岳、夜明けの月が残っていました。

DSC02164


テーマ:登山・ハイキング - ジャンル:旅行


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。